プチ家出との関係

家出と聞くとどうしても大事なイメージがあります。

周囲の人だって心配をするものですし、家を空け続けていくともなれば心配した周りの人たちは警察に捜索願いというものをすることもあるでしょう。

現代ではそれほど大事な家出というものではなく、プチ家出と呼ばれているものが流行しているのです。

プチ家出は、突発的に考えたら即実行できるほど簡単におこなえる家出です。ただ、家出と言うよりも軽いイメージがありますし、きちんと周りの人に連絡をしておくことができればそれほど周囲の人間にも迷惑をかけるようなことはないだろうと安心して、プチ家出を繰り返しおこなってしまうという若者たちも増えてきてしまっているのです。

現代という社会のなかで育ってきている子どもたちは、携帯電話で連絡のやり取りをすることが多くなってしまっています。親とのコミュニケーションもほとんど皆無に近いという家族も増えてきてしまっているということが、プチ家出が流行してしまっている要因なのかもしれません。

連絡が取れないからこそ周りの人たちは心配し、大事にしていくかもしれませんが、連絡の取れる状況であればそれほど心配はしなくなっているかもしれませんね。確証は無くても、メール一通でも友達の家に泊まりに行っている、とでも連絡を受ければそれだけで安心してしまうのが現代の子どものいる家庭状況になってしまっているのです。

ちょっと寂しい家庭環境になってしまっているかもしれませんね。

友釣り厳禁

神待ち娘というのは家出をするのも自分の意思でしているわけですし、街中をふらふらと過ごしているのもまた自分の意思でおこなっているものです。

ちょっと不自由なものはあるかもしれませんが、人によっては自由に過ごしていることができているものだ、と思われていることでしょう。

ただ、自由に過ごしている神待ち娘たちを上手く手中に入れることによって、得をしている人たちもいることを知っているでしょうか?

神待ち娘たちと出会うことによって、寝食の面倒をみると言いつつ出会った途端に酷い扱いを受けさせていくというケースがあります。

最悪の場合、神待ち娘たちは家に帰ることなど一生出来ずに風俗に通い続けていくしか出来なくなってしまうようなこともあるのです。

そうなってしまったら、もう表を堂々と歩いて生きていくこともできなくなってしまうのではないでしょうか。もちろん自由に生きていたはずが、自由を奪われてしまって生きていくようになってしまうのです。

神待ち娘としては辛い生活になっていくことでしょう。

神待ち娘を拉致・監禁してみたいという男性たちは多いようです。

くれぐれもそのような危ない考えを持っている男性たちにはひっかからないようにしていきましょう。もちろん神待ち娘たちも自分の身は大切でしょうから、無闇に怪しい人にはついていったりしないかもしれませんが、寝食につられてついつい誘いに乗ってしまうというケースもあるかもしれません。

警戒は必要ですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ